「未分類」カテゴリーアーカイブ

子育てのストレスと上手く付きあおう

子育てをしていると感動することや嬉しい思いをすることもありますが、親御さんの中にはストレスを抱えている方もいるのです。子供が自分の言うことを聞いてくれないこともあります。また、思い通りに事を運ぶことができないこともあるのです。そのような時にはストレスを感じてしまうことも少なくありません。ではどのようにすればストレスと上手く向き合っていくことできるのでしょうか。

例えば自分の時間を作ることです。身近に頼ることができる方がいる親御さんは子供の面倒を見ておいて欲しいと頼み、夫婦で外食などをすればストレスが少なくなることもあります。

その他にも子育てをしながら達成感を感じることです。例えば子供が離乳食を食べれたら喜んだり、子供が這い這いをしたら褒めてあげます。このような姿勢で子育てをすることによって子育てをしながら達成感を感じることができるので、子育てにおけるストレスは少なくなるでしょう。

子育ては24時間営業のコンビニエンスストアのようなものです。特に小さい頃は夜中でも子供に授乳をしなければなりません。お母様の中には寝られない方もいます。このような状況ではストレスが溜まりやすくなりますが、このようにストレスを解消して上手く子供と向き合っていくことが求められるのではないでしょうか。
最近ではインターネットで子育ての悩みや相談について情報を集めることができるようになりました。一人で抱えすぎず、まわりを頼ったりしながら上手く向き合っていきましょう。

子供を正しく叱る方法

子供が何か他人のお子さんに迷惑をかけてしまった時は親御さんが子供を叱るのが一般的になります。しかし、お父様やお母様の中には正しい叱り方について知らない方もいるのではないでしょうか。正しく叱ることは子育てにおいて重要なことになります。そのため、誤った叱り方をすると発育に悪い影響を与えてしまうこともあります。

正しく叱る方法にはまず理由を聞くことです。どうしてそのような行動をしたのかなど今現在の状況を親御さんはしっかりと把握して叱るようにしましょう。また、子供が何か言い分を述べたのであれば一度その言い分を認めてあげます。子供のセリフを反復して認めてあげることで、子供は次に言葉を聞ける状況になります。つまり素直な気持ちになることができるのです。その後に何がいけなかったのか、これからはどうすればいいのかを正しく説明してあげると正しく叱ることができます。

叱る時に子供の人格や存在を否定する親御さんもいます。しかし、このように叱ると子供の心は深く傷ついてしまうこともあります。また、感情的に怒ると子供は親に嫌われていると勘違いすることもあるので、正しく叱ることで発育に悪い影響を与えることなく子供の行動を正すことができるのです。

父親がやってはいけない子育て

現在の日本においては女性が活躍できる社会になっています。そのため、夫婦の中には共働きをしたり、旦那さんが家事や育児をしている方もいるのではないでしょうか。昔とは異なり、男性においても育児に参加して夫婦お互いに協力するご家庭が増えているのです。男性が子育てをする上で心がけることはとても多くあります。例えば大きな子供になってしまわないことです。男性の中には奥さんに頼りきってしまっている方もいるのではないでしょうか。

例えば靴下がどこにあるのかわからなかったり、ご飯がまだかと奥様に要求したりする行為です。このような行動は奥様に負担をかけるばかりか子供は親御さんの行動を見ているので教育上も適切でないこともあります。なるべく夫婦が協力して育児と家事をしていくことが現代社会においては求められるのではないでしょうか。

旦那さんの中には当然ではありますが仕事が忙しく、奥様に育児や家事を任せっきりの方もいます。そのような男性の中には育児や家事が適切にできないと奥様を責めてしまう方もいるのです。このような行動をすることによって子供は自分の出来が悪いとお母さんが責められると思いプレッシャー感じてしまう子もいるのです。プレッシャーは当然、大人、子供に関わらず多くのストレスを与えてしまうため、発育に影響を与えてしまうこともあるでしょう。

今回は父親がやってはいけない子育ての他にも子供に対して正しい叱り方やストレスの発散方法について紹介します。